⼈⼿不⾜は育てて打開 ~アウトソースも視野に~

 人材採用がますます難しくなる中、社員教育の重要性が一層高まってきています。

 最近の新聞報道で、人⼿不⾜が深刻化する中、社内の若い⼈材を早期に戦⼒化したり、中堅社員はより多能化やより高度な業務を行えるように教育することが喫緊の課題となっていること、そして、そのために企業が教育投資を増やす動きがあることが紹介されていました。 社員⼀⼈あたりの教育費を引き上げたり、自社内でカリキュラムを作る動きを行っているということなのです。

 自社内で教育を強化することは、ただでさえ社内が人手不足になっているところに、教育強化のための新たな労力を必要とするため、その実行はあまり簡単ではないかもしれません。

 そこで、教育のアウトソーシングを視野に入れることが多くの企業にとっての、現実解となってきます。

 世の中には、様々な技術教育のサービスがあります。 その中から自社にあったサービスを選ぶことになります。

 自社の人手不足の解消が目的ですので、見極めポイントは真に技術が身に付くための「実践」性が考慮されているかどうかです。 

 

 

 そして、他業務を担当していた社員を新たな技術分野で活躍してもらうという多能化を狙うなら、初心者でも参加でき段階的に実力を上げていける仕組みになっているかどうかも大切な判断ポイントです。

このような点を確認して選択されると良いでしょう。

 

技術者教育サービスのご紹介