「テクノシェルパ」は、30余年に亘り、国内を代表するトップレベルのお客様の技術コンサル・受託開発を行ってきました、株式会社Wave Technologyの技術コンサルティング・技術教育のブランド名です。

 

 「テクノシェルパ」のサービスは、2018年3月7日の日本経済新聞 関西版に掲載されました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27789170W8A300C1LKB000/

 

 IoTの開発競争が加速する中、 1企業がこれまで築いてきた技術分野だけでは、新製品を生み出すのが難しい時代になってきています。 例えばIoT機器の開発では、センサ応用技術、無線伝送技術、データ一元管理技術などが即必要とされます。 これらの新しい技術を自社で新たに開発する時間的、予算的な余裕はない時代です。

 そこで、社外から技術導入することで必要な技術を短期に自社に取り込むという選択肢があります。 技術コンサル会社に技術コンサルや技術教育を依頼し、短期に技術導入するという解決策が今、非常に重要になっています。

 従来のWTIのWebページは、弊社が提供する「技術サービス」を主にご紹介しておりますが、「テクノシェルパ」のページでは、弊社の「知識」、「知恵」をベースにしたサービス、「技術コンサル」と「技術者教育」に特化したサイトでございます。

 弊社は、「研究開発サービス」をご提供してきておりますが、この「研究開発サービス」は、以下の2種類に分類されます。

(1)開発・設計受託サービス
  • 顧客企業のご依頼を受けて、委託先エンジニアが開発・設計作業を担当する。
  • 委託先から顧客企業への技術の受け渡しは行われない。
(2)技術コンサル・技術者教育
  • 顧客企業エンジニアが開発・設計作業を担当する。
  • 委託先から顧客企業への技術受け渡しが行われる。

(委託先は、開発・設計に必要な知識・ノウハウを顧客企業に伝授することで、客先の開発・設計作業の効率向上を促進する)

「テクノシェルパ」のサービスは、(2)に相当します。

「テクノシェルパ」のWebページがリリースされる以前から、弊社では「技術コンサル」と「技術者教育」のサービスをご提供してきております。

(2)の「技術コンサル」「技術者教育」は、(1)の開発・設計受託サービスとは異なる性質を持つサービスであることから、それらの違いを明確化してご提供するために、「テクノシェルパ」のブランド名と共にWebページを新規開設しました。

※ブランド名「テクノシェルパ(Techno Sherpa)」の由来

Technology(テクノロジー)=技術。
Sherpa(シェルパ)=ヒマラヤ登山隊をサポート・道案内する人。転じて、サミットの首脳の補佐をする各国の高官。
からなるネーミングです。
「テクノロジーに関して、コンサルし、サポートする」を表します。

 

お知らせ

3月15日 日経産業新聞にも掲載!

3月15日付けの日経産業新聞に「テクノシェルパ」が掲載されました。 記事の内容は、3月7日に日本経済新聞に掲載された内容がコンパクトになったものです。 日経産業新聞へのリンクではないですが、3月7日の日本経済新聞のリンク …

3月7日プレスリリース実施

本日、テクノシェルパのプレスリリースを行いました。 内容詳細は下記をご覧ください。

日本経済新聞にテクノシェルパの紹介記事掲載!

2018年3月7日付の日本経済新聞にテクノシェルパの紹介記事が掲載されました。 電子版のリンクは以下のとおりです。 倉庫の省力化 WTI、車両の位置測定システム

ブログ

IoTの情報伝送はやはり無線で! でもどうやって?

【 IoTには情報伝送が不可欠。 無線通信が便利と分かっていても、、 】  以前のブログで、IoTは「3つに分けて理解する」と分かりやすいことをお話しました。 https://techno-sherpa.com/2018 …

6月8日(金) 「神戸ものづくり中小企業展示商談会」に出展

  【 6月8日(金) 「神戸ものづくり中小企業展示商談会」に出展 】   明日の6月8日(金)、神戸サンボーホールにて開催されます「神戸ものづくり中小企業展示商談会」に出展いたします。http://www.n …

電源設計技術者が見つからない時代 だから自社で育成する!

  【 電源設計技術者が見つからない時代 だから自社で育成する! 】  弊社のお客様から、「技術者が不足していて困っている」というお話しを伺うことが増えてきています。   その中でも一番多く聞かれるのが「電源」 …

「位置検出技術」ってどこに使うのか

テクノシェルパが提供する位置 検出技術。 いったいどういうところに使われるのでしょうか。   まず、自動走行・搬送車両です。自動で走行させるためには、刻々と変化する車両の位置を高い精度で検出することが不可欠です。  &n …

テクノシェルパの技術教育には秘伝のタレがある

【 テクノシェルパの技術教育の「秘伝のタレ」 】  テクノシェルパは、技術者教育と技術コンサルの2本の柱からなります。  技術者教育は、当社が長年培ってきた自社教育のしくみを社外のお客様に提供するものです。   この自社 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Wave Technology Inc. (WTI) All Rights Reserved.