テクノシェルパが提供する位置

検出技術。 いったいどういうところに使われるのでしょうか。 

 まず、自動走行・搬送車両です。自動で走行させるためには、刻々と変化する車両の位置を高い精度で検出することが不可欠です。 

 

 走行する場所は屋外もあれば屋内のこともありますので、GPS信号が届かない倉庫内やトンネルの中でも、正確に位置を割り出すための技術が不可欠です。

 それから、移動する物体の場所が分からなくなる可能性のあるものにも使われます。

 広い範囲に移動させる物体が数多くあると、それぞれの正確な位置が把握が困難になり、後で人手で探すことにもなりかねません。

 

 位置確認の必要が生じたときに、それぞれの物体の場所を一瞬で把握できると大変便利です。

 深刻な人手不足から、如何に省人化を推進していくかは、多くの業界にとっての重要事項となっています。 

 上記のような移動物体位置検出は、今後の省人化のテーマの1つとして重要性が増していくものと考えています。

テクノシェルパの位置検出技術に興味がおありの方は以下まで。

 

IoT・センサ応用技術コンサル請負サービス